学習効果を確かめながら進む


PHILOSニュース英語のSTANDARDコースは、週1回・日曜配信・レベル混合・独学・担当講師によるオンデマンドスタイルです。ニュース英語の中心となる「聴く・話す」力には個人差が大きく、読み書きが得意でも聴く話すは全くダメな人(受験勉強型の人に多い傾向)や、すぐに慣れてかなり上級でも聴き取る人(若い人に多い傾向)がいます。そのため、まずは個人の力にあわせて気軽に取り組めるこのスタイルがゲートウェイとして最適です。

しかし独学であるために学習効果について第三者の評価を得るチャンスが少ないのも事実で、STANDARDコースですべてを完結できる人は少数です。多くの人は学習効果を確かめながら進みたいようです。

これを踏まえて、PHILOSではSTANDARDコースに加えて共学のアッパーコースにチャレンジすることを提案しています。

アッパーコースは、週1回・固定クラス・レベル別・少人数・担当講師による学習会スタイルで運営されます。長年の経験から、このスタイルがより効果が上がることが分かっています。

その理由は、指導者と仲間がいること、学習のリズムが保てることが大きく関わっているというのがPHILOSの見解です。

まずはじめに、学習会にとってたいへん重要な「レベル」について説明していきます。

クラスレベル

PHILOSでは、同レベルの学習者でクラスを進めることが学習効果を⾼める上で重要と考えています。そのためにクラスを4つに細分化して各クラスのレベルの統一を図っています。

学習者は定期的にクラスアップにチャレンジできます。最初から高いレベルのクラスを求めるより、手ごろなクラスからはじめてクラスアップしていくのがコツです。

クラス詳細

年間スケジュール

【4つの期について】

PHILOSニュース英語では、1年を4つの期(春期:4-6月・夏期:7-9月・秋期:10-12月・冬期:1-3月)に分けて学習を進めます。各期は、通常レッスン10回(10週)とレビュー1回(1週)の計11回(11週)で構成されています。

これは期(3か月)ごとに学習成果を確認しながら進めていくための工夫です。また、期の変わるタイミングで可能な限り休みの週を取っています。これは学習にメリハリをつけるための工夫です。

👉年間スケジュールはこちらから


【スタートのタイミングについて】

通常レッスンはそれぞれ独立した内容になっていますので、期の途中からスタートしても何ら問題はありません。

ただし、レビュー回からの参加はできません。


【クラスアップのタイミングについて】

期が切り変わるタイミングでクラスアップを行います。詳しくはお問い合わせください。


【その他】

ゴールデンウィーク、お盆、正月に休みの週を作るようにしています。詳細は年間スケジュールを参照してください。

担当講師

Class Anchor

各クラスに1名の担当講師がつき、クラスメンバーの学習をサポートします。尚、PHILOSでは講師のことをニュースをテーマにした映画「アンカーウーマン」にちなんでクラスアンカー(CA)と呼んでいます。

AWOI

coming soon


coming soon

クラスの新設に合わせてZOOMクラス担当のCAを増員します。楽しみにお待ちください。

クラス一覧

ご希望を聞きながら順次、クラスを開講しています。無料体験時にご希望をお知らせください。

尚、コース新設の際の例外として1名からクラスを開講する場合があります。


【開講中のクラス】

金曜日/21:00/C2/AWOI

受講料

このコースのお申込みにはSTANDARDコースが必須条件となっています。尚、STANDARDコースには14日間の無料体験があります。

👉STANDARDコースの詳細はこちらから

教材費は受講料に含んでいます。その他の追加費用も一切必要ありません。

受講に関する注意事項


■ZOOMが初めての方には事前に接続サポートを行います。ご安心ください。

■インターネットやデバイスなど、受講者側の環境によって映像品質・音声品質が劣化することがあります。PHILOSでは最大の注意を払っていますが、受講者側のトラブルによって受講できない場合は責任が負えません。ご承知おきください。

■解約は1か月単位でいつでも可能です。

■STANDARDを解約した場合、こちらのコースも同時に解約となりますのでご注意ください。