AWOIの聴く効く!ニュース英語

週1回60分の自分磨き。英語力と知識力を高めてあなたらしい豊かな暮らしを手に入れましょう。

United Nationsの日本語訳を質問されました。

国際連合と答えました。これは正しい、それとも間違い?


簡単すぎる質問ですね。悩む間もなく答えは正解。

でも、それって本当ですか?

社会科のテストなら100%の確率で正解です。

でもどうでしょう、英語のテストなら…。

United:連合した

Nations:国々

したがって連合国群が正解です。どう頑張っても国際連合とは訳せません。

ちなみにUnited Nationsは、第二次世界大戦の戦勝国側を指す言葉です。

これがグローバルスタンダードです。

敗戦国である我が国日本がUnited Nationsにおいて

お客さん扱いされる理由が一目瞭然です。

英語が分かれば真実が見える一例です。

意図的な誤訳で煙に巻くこともあります。


第二次世界大戦後に戦勝国によって作られたUnited Nationsが

国家間の唯一の枠組みとなりました。

敗戦国というハードルを越えて日本がこれに加盟できたのが

敗戦から10年以上を経た1956年12月18日。

その間には国内でも加盟に対する賛否両論がありました。

その折、国内対策として知恵を絞ったのが日本語の呼称。

ここに世紀の誤訳ともいえる「国際連合」が誕生したわけです。

以来、学校では国際連合と教え大多数は疑うことなくそう覚えます。

しかし英語を学ぶことで常識に疑問を持つことができ

その結果、新たな知識が得られることも少なくありません。

このように英語を学ぶことは単に外国語を学ぶことではなく

自分自身の力で正しい知識を身に着けることであり

ひいては正しい判断のできる大人になることにつながる、

まさに「自分磨き」といえるのでなないでしょうか。

バランスの良く生きるために


交通手段の発達とインターネットの普及で世界が小さくなった今の時代

すべての人に国際感覚が必要になりました。

英語が必要になる一方、お決まりの勉強法では知識足らずになります。

一方、知識偏重で英語ができないと誤訳にやられてしまいます。

この先、バランス良く生きるために英語力と知識力が求められます。

でも心配にすることはありません。

あなたはそれを見事に手に入れることになります。

なぜなら、英語力と知識力が同時に手に入る

このとっておきの学習法に出会ったからです。

PHILOSで英語を学んでいる人たちはこう言います

こんなに知的な英語学習法はありません!

英語を学んだことのあるあなたなら分かると思いますが、教科書や参考書は英語を学ぶためだけの希薄な内容のものがほとんどです。しかしこのニュース英語学習法は英語と同じくらいコンテンツを重視しています。その結果、大人向けの本格的な実用英語教材として異彩を放っています。

この「1粒で二度おいしい」と評される英語学習法が、誕生から30年を経た今もなお、人々の知的好奇心を刺激し続けています。

さあ、あなたもニュース英語で自分磨きをはじめてみませんか?

あなたの教室


AWOI
AWOI

今から25年前、書店で偶然に出会った”ニュースリスニングの茅ケ崎方式”に魅了されてPHILOSニュース英語を立ち上げました。並行して大阪大学大学院、近畿大学の非常勤講師も務めてきました。その確かな英語力とユーモアあふれる語り口を気に入ってくださるファンも多く、これまでに4,000名超を直接指導してきました。

【資格・経歴】

  • 同志社大学文学部英文学科卒業、同大学大学院(国際メディア学)
  • 英検®1級、国連英検A級、TOEIC985点、通訳案内業など英語関連の資格多数。
  • 中学・高校英語科教員免許

今すぐ始めましょう!



コースの内容


  2022年度 BACKNUMBER
利用可能
日 登録後

こんな悩みを持った「あなた」におススメ

英語が聴き取れなくて会話にならない

日常的に使われる重要単語が苦手

英検®やTOEIC®の点数が伸びない

英語での面接が不安

近くに手ごろな教室がなくて困っている

教室で講師や仲間と一緒に学ぶのが苦手

自分のペースでしっかりと学びたい

今の学習法に限界を感じている

英語での本格的な対話を楽しみたい

本物の英語力を身につけて周りと差をつけたい

 

”初めの一歩”を応援

8日間無料体験実施中

今すぐ始めましょう!



「聴く」からはじめて「話す」で終える

当たり前だと思っていた「読む」からではなく「聴く」からはじめるだけで英語の学習感覚が大きく変わります。「聴く」ことで集中力が増し、脳の異なる箇所が活性化して学習効果に大きな違いが生まれます。

一般に「聴けない英語は話せない」と言われます。言い換えれば、聴き取れればそれを真似をすることでざっと話せるようになります。これが聴くことを優先する所以です。そして「読む」を加えて英文を理解し、音とシンクロさせることで正しく話せる素地を作ります。この講座ではニュース英語のリスニングからはじめて、その後にニュースのスクリプトを解説、その後、スクリプトを見ながらニュースを聴いていきます。

最後にオーバーラッピングからシャドーイングで「話す」実践プラクティスまでをフォロし、受講後の自立学習の効果を最大化します。おまけで英字新聞を使って英語を語順通りに訳していく”サイトトランスレーション”の実践練習も加えました。まさに英語上達の王道といえる講座です。

毎回新しいニュースをテーマに進めますので内容や語彙が「いつも新鮮」なのも魅力。自然と時事問題に強くなりますので大学入試や英検®対策に効果があります。社会人の方が「学生時代からこの学習法を知っていたら人生が違っていたかも」と口を揃えておっしゃるのもうなづけます。

毎月3講座をオンデマンドで配信しています。スライド付きの動画をメインに音声もご用意していますのでご都合に合わせて活用できます。

あなたの英語学習に「聴く効く」からはじめる、この王道の講座を加えてみてください。確実に大きな成果が生まれます。

 

茅ケ崎方式のラジオニュース教材

英語を学ぶうえでなにより大切なことは「正しいものを入れる」ことです。聴いた英語があなたのスタンダードになるからです。間違ってもおかしな発音やスラングの入った英語、おかしな文法で話す英語を入れてはいけません。

聴く効く!ニュース英語は茅ケ崎方式のラジオニュース型教材=LCTを使用しています。LCTは元NHK国際放送記者がスクリプト(台本)を書き起こし、ネイティブアナウンサーが読み上げます。つまり「確かな英語である」ということが最大の魅力です。

では本物のニュースであればCNNやBBCでもよいのではないか。これはいい質問です。そして答えとしてはNOです。理由をお伝えします。まず「映像があること」です。目に頼っていてはリスニング力は磨かれません。次に「内容がわからないこと」です。海外のニュースは日本人にとって関係が薄いものが多く、知らないニュース、知らない地名、知らない常識で構成されています。これではわずか1分ほどのニュースでも集中力をもって聞き続けるのは困難です。最後に「使われる単語が難しい」。ネイティブなら当たり前に知っている単語も、学習中の日本人には難しいものが少なくありません。つまり、CNNやBBCはリスニングの教材としては欠点が少なくありません。

茅ケ崎方式の教材の利点はこれらの欠点の裏返しです。「映像がない」「身近な内容」「レベルごとに使用する単語を変える」の3つです。リスニング教材として開発されているだけのことはあります。あれこれ悩む必要なく、そのまま受け入れてよい英語で、おまけに時事ネタまで手に入ります。ベストとは言いませんがベターであることは間違いありません。

尚、茅ケ崎方式の教材には初級・中級・上級がありますが、リスニング.EPでは中級以上を使っています。リスニングは苦手だが文法力や単語力はあるというユーザーが多い状況を踏まえ容易な単語で構成される初級を外しました。ニュースの題材は教室のレッスンで評判のよかったものをピックアップしていますので楽しく読んでもらえると思います。

今すぐ始めましょう!



 

リスニングが世界を変えた実話


英会話に自信がなく、輪の中でポツンと独りぼっちだった女性。半年後、彼女は英会話の輪の中心人物として周囲の注目を一身に集めていました。いったい何が彼女を変えたのでしょうか。

以前の彼女は「饒舌」に英語を話すことが「存在感」だと考えていました。しかし日本語でも決して饒舌とはいえない彼女が英語で饒舌に話すには無理がありました。会話に入っていくタイミングもわからない、英語にも自信がない…。自分自身の存在感のなさにいつしか自己嫌悪になり英語への意欲も失いかけていました。

そんなある日、英語好きが集まるカフェにふらっと立ち寄った時のこと。あるグループが英語でディスカッションしているところを傍目に見て気づいたのです。「本当のキーマンは話しているあの人ではなく、みんなの話を聞いて流れを作っているあの人なんだ」と。

その日以来、彼女は「聴き役」になると決めて徹底してリスニングを鍛えました。コツコツと努力する生真面目な性格も相まって彼女のリスニング力は劇的に高まりました。話題も広がり不思議と話す力もつきました。リスニングが彼女を変えたのです!そんな彼女の傍らにはいつもニュース英語がありました…。

5年の実績。バックナンバーも150本!

レッスンのタイトルの前に番号をつけていますが、これは大きな数字ほど新しいレッスンという目印で、つまり一番上にあるものが最新です。

毎週木曜日に「さあ、張り切って新しいのを作るぞ!」と、そんな感じで5年を過ごしているうちに、気づけばバックナンバーが170本になりました。恐ろしい数です(笑)。他の追随を許しません!

そのうえ、のべ10,000人以上の方に受講していただいております。さらに恐ろしい数字です(笑)。こんなにも多くの方に支持されている聴く効く!ニュース英語。今後も次々に新しいレッスンをリリースしていきます。お楽しみに!

そして今「試してみようかな」と考えているあなた。一日でも早く受講してみてください。近未来、周りから一目置かれるあなたに変身できます。

今すぐ始めましょう!



お値段はお手頃に!

大阪梅田駅前のPHILOSニュース英語では3名から8名の小グループで90分の対面レッスンを行っています。もちろんオンライン受講も可能!費用はまとめ払いなら10回で税込36,300円。1回あたり4,000円弱ととてもリーズナブル!なので2WAYで学びたい方にはこちらもおススメ。ただし講師が私とは限りません!

この通常レッスンとは別に私が個別レッスンを受ける場合は準備時間なども考慮する必要があるので最安値で税込18,150円/90分。余談ですが最安値は英検二次試験の面接対策でなかなかの人気(笑)。

さて、聴く効く!ニュース英語はオンデマンドとはいえ私を独占できるコースであり、また準備時間も含めて1レッスン当たり3時間は必要なこともあって「個別の料金」対応でお願いしたいところです。さらに、これは私の仕事ではありませんが、動画を編集するのに5時間ほど必要でその費用もかかってきます。とすると1レッスンが6万円⁉

実際、ユーザーさんの成果に焦点を当てるとそれだけの価値があることは間違いありません。しかしこの金額では受講できる人が限られるし、この金額なら個別対応のマンツーマンの方がお安いし…。そんなわけで値段をつけるのにはそうとう悩みました。ご理解いただけると思います。

そして…。最後は「えいっ」と決めました(笑)。超お得でしょ?

 

一日にコーヒー1杯分の自己投資

聴く効く!ニュース英語は月々税込2,970円。1日当たりに換算するとわずか100円です。自宅で楽しむ上質のコーヒー1杯分ほどの自己投資であなたの英語力を大きく伸ばすチャレンジをスタートできます。

まずは8日間の無料体験をお試しください。そして気に入っていただけたなら成果がではじめるまでの3か月間は継続することをおすすめします。

よくある質問


いつコースをスタートできますか?
登録後、すぐに受講できます。登録期間中はいつでも何度でも繰り返し受講できます。
受講に際してどのような準備が必要ですか?
受講にはスマートフォン、タブレット端末、パソコン、インターネットテレビなどの端末が必要です。またダウンロード教材にはテキスト教材もありますので、プリンターがあるとより良いでしょう。音声データはダウンロードしてお手元の端末に保存して活用してください。
質問がある場合はどうすればいいですか?
レッスンの各パートごとに質問コーナーが用意されていますので、そちらから質問してください。数日以内に回答いたします。
無料体験期間が過ぎるとどうなりますか?
登録日から8日間は無料体験期間です。この期間内は講座を無制限に利用でき、また期間内にキャンセルすれば一切の費用は掛かりません。 無料体験期間が過ぎた9日目に最初の1カ月分の課金があります。一度課金された分の返金はできませんのでご注意ください。
やめることはできますか?
いつでもやめること=登録解除ができます。登録解除の時点ですでに課金済みの費用は返金できませんが、次回以降の課金は行われません。
 

”初めの一歩”を応援

8日間無料体験実施中

今すぐ始めましょう!



最後までお読みいただき有難うございました。お申し込みをお待ちしています。