茅ケ崎方式 聴く効く!ニュース英語

ラジオ講座のバックナンバーを一挙公開!

ラジオだからこそ英語が身につく


英語に限らず言葉の習得はリスニングからはじめるのが正解です。特に言葉を覚え始めた子どものように聴き取れるまで何度も繰り返し聴くのが大正解です。まさに王道ですね。

とは分かっていても何度も繰り返し聴くのは進みが遅い感じがするし退でもあります。そこで英会話学校に行って外国人講師と楽しく…というのはまぼろしで、繰り返し話してもらううちに講師の顔がだんだん怖くなってきて…それに付き合う周りもたいへん(笑)ですから、もし英会話学校に行って学ぶなら絶対に個別指導をお勧めします。とっても高くつきますが(笑)

安心してください。もっと良い方法があります!それはラジオ講座を活用することです。ラジオの英語講座は体系化されていながらテーマは身近なもの中心ですし、1講座が30分以内に短くまとめられていることもあって聴きやすく楽しいですね。また録音さえしておけば繰り返し聴いても誰も文句を言いません。スマホやipodを使えばどこででも聴けます。さらに分からないところは1,000円ほどのテキストを買っておけば目でも確認できる。何より出費はたったそれだけで英会話学校と比べて圧倒的にコスパがいい!

ところでラジオ英語講座といえば何を思い浮かべますか?もちろんNHKですね。こちらも王道です。このNHKがらみで実はちょっと変わった選択肢があるのをご存知ですか?それがPHILOSがお奨めする「茅ケ崎方式聴く効く!ニュース英語講座」です。これは英語教育界では名の知れた茅ケ崎方式英語会(NHK国際局報道部の元記者が創設)が発行する「季刊LCT」を教材に使ってPHILOSが独自にお送りしているラジオ英語講座です。

※ラジオ講座は2020年9月で終了しました

この講座では、進行役兼生徒役のいちぜんやとAWOI先生というラジオ世代(昭和生まれです)の二人のパーソナリティーが、ニュースを題材に時おりJOKEを交えながら英語学習を進めていきます。1講座30分でNHKにも負けない本格的な内容です(と自負しています)。

ラジオ収録風景

ぜひ気になったニュースから試してみてください。きっと気に入ってもらえると思います。もしかしたら、あなたの英語学習が大きく花開くきっかけになるかも知れません。


コースの内容



今すぐ始めましょう!



あなたの講師


渡邉一善
渡邉一善

健康上の理由で会社を退職し、病気療養しながら食べていくためにやむなく起業。始めたのがインターネット関連のビジネスでした。当時は「パソコン通信で旅行やコンサートのチケットが安く買えるらしいぞ」といった時代で、収入の90%以上はパソコン販売や接続設定、通信回線の契約手数料といった単発の収入ばかりで「立ち止まったら死ぬ!」ような毎日でした。そのころから「いつかはコンテンツから安定収入を得るぞ!」と決めて、以来、30年近くこの分野と関わっています。

インターネットの世界的な普及によって求められるのは英語でのコミュニケーションです。私は、日本人にはITと英語の教育が急務と考え、まずは専門に近いパソコン教室をはじめました。時代の流れもあって多店舗を経営していた時期もあります。一方で妻のあをいさんが会社の事務所を使って英語教室を立ち上げました。そちらも軌道に乗り、専用の教室を構えるのを機に経営を統合しました。

その後は、パソコン教室を集中出店していた大手スーパーが倒産し、莫大な借金を抱えそうになうギリギリのタイミングで事業を売却。何とかピンチは脱しましたがそれまでのどんぶり勘定経営を反省して税金・資金繰り・資産運用・保険などのお金のおとを猛勉強。その知識と経験を活かして起業や経営のコンサルタント、さらには資産づくりのセミナー講師をしながら英語教室を経営するスタイルで現在に至っています。

特に最近は、教育コンテンツによるオンラインビジネスに注力しています。その中でどんな新しい出会いがあるのか、とても楽しみにしています。

【略歴】

  • 1987年、同志社大学法学部法律学科卒
  • 1987年、某大手商社系シンクタンク入社
  • 1993年、有限会社ネクステージ(現、株式会社ゼロン)設立
  • 1997年、大阪梅田に茅ケ崎方式大阪梅田校(PHILOSニュース英語)を開校
  • 2019年、茅ヶ崎plusをオープン

【専門】

  • 英語教室ビジネスにかかる起業・経営コンサルティング全般
  • 英語教室の管理システム導入支援
  • 英語教室の集客支援



よくある質問


放送はいつ、どのチャンネルでしていますか?
2020年9月をもって放送を終了しました。
月刊LCTの購入は必須ですか?
月刊LCTの購入は必須ではありません。ただし、購入された方が学習効果は確実に上がります。
月刊LCTはどこで購入できますか?
以下のサイトから購入できます。 茅ケ崎ブックライブラリー http://chigasakischool.com/books/additional/

今すぐ始めましょう!