オンデマンドレッスン:茅ケ崎plus

リスニングを基盤に実用英語力を高めます。話題のニュースが題材。14日間無料体験つき。

  コースに登録する

課題は明確かも知れません

人の話を聞くときは流れにゆだねるのが正解です。途中、わからないことがあっても質問して流れを止めたりせずそのまま聴き続けていれば、最後には理解できることが多いと、私たちは経験から学んでいます。

この日本語なら簡単にできることが、英語になった瞬間にできなくなる。あなたの悩みは「ずばり、コレ!」ではありませんか。

その理由は3つにまとめられます。1つは「聴き取れない」から。実際の英語は、独特の発音にイントネーションを持ち、いくつかの単語を組み合わせた塊が1つの言葉になっていたり、単語と単語がくっついたりします。書かれた英語を読むのとは大きく違います。

2つ目は語彙力。意味はもちろんのことながら、正しい発音を知らない単語が話の中にいくつも出てくるともうお手上げ。どうしようもありません。

最後は語順。英語と日本語は語順が異なります。話が流れていく中で、英語を日本語の語順に直して理解しているようでは時間的に間に合いません。

読み書き英語で育ってきた人の多くが、この「聴き取り」、「語彙」、「語順」といった課題を抱える傾向にあるようです。あなたはいかがですか?

もし答えが「YES」なら。

なたの課題をブレイクスルーする学習法があります。それがオンデマンドレッスン:茅ヶ崎plusです。

 

リスニング、特に”精聴”を基盤に学ぶ

茅ヶ崎方式はリスニングを基盤に英語を学びます。茅ヶ崎方式にはじめて出会った人、中でも読み書き英語で育ってきた人にはとても新鮮で、一方で、ちょっと難しい感じがします。

中でも「精聴」を重視しています。精聴は、ここしばらくブームだった聞き流し学習法とは対極の学習法です。精聴では英文を「集中して聴く」だけでなく、聴き取れない箇所を「聴き取れるまで何度も聴く」ことになります。聴く量よりも質を求めるリスニング学習法です。

この精聴がリスニング力を高める1つ目の切り札です。

リスニングには耳の神経や筋肉の運動機能を高めることが重要です。その点、スポーツや音楽のトレーニングと同じと考えていいと思います。具体的には、鍛えたい個所を決めて、そこを鍛える意識を強く持ちながら、目的に合ったトレーニングを反復することで伸ばすことができます。精聴はまさにそれです。

精聴の欠点は「一人でやるのが困難」という点です。そのため人の手を借りることになります。PHILOS大阪梅田校では講師がその手伝いをしますが、このオンデマンドレッスンでは事前に「聴き取りにくい個所」を梅田校のデータから洗い出し、課題を反復練習できるように撮影し、編集しているのが大きな特徴です。

なお、精聴は、キーワードチェックとニュースリスニングのパートに採用しています。

本来は困難な精聴のトレーニングができるということで、学習会に参加しながら、さらに復習用にオンデマンドレッスンを使っている人も少なくありません。

 

サイトトランスレーションで語順に慣れる

サイトトランスレーションとは、英語を頭からどんどん訳していく技法です。

よく「私、行きたいの、大阪駅に。12時ね」といった片言の日本語を話す外国人に出会いますが、サイトトランスレーションで訳すと同じような感じになります。英語の語順通りに訳すとこうなるのです。日本語の語順に直すことをせずにこのまま理解していくことになるのである程度の「慣れ」が必要です。

サイトラは、主に通訳者や翻訳者を養成する学校で指導するメソッドですが、PHILOSでは初・中級者にもこのメソッド使って英語を読むことを提案しています。

これは、サイトラは「英語の語順に慣れる」ための最適の方法であり、サイトラができるようになるとリスニング力が伸びる相関効果もあって、たいへん有効なトレーニングだという考えに基づいています。

ニュースリーディングのパートでは、講師がサイトラで実際に英字新聞を訳していきますので参考にしてもらえます。

正しい英文日訳を身につけたい人は、サイトラをしたうえで語順を整えていくのが良いでしょう。

 

オンデマンドレッスンの概要


毎月第1~3日曜日にレッスンをリリース

好きなタイミングで受講できます

第4週は復習週という学習リズムで


各レッスンの構成

はじめに:ニュースの概要を案内

キーワードチェック:ニュースに使用される重要単語を紹介

ニュースリーディング:精聴を中心に全体の50%の時間を使用

ニュース解説:ニュース翻訳と、文法や単語の解説

ニュースリーディング:サイトラによる英字新聞の翻訳

まとめ:重要ポイントの復習


Q&A

各パートごとに質問コーナーを用意しています。


バックナンバー70本以上

過去2年分のレッスンをすべて楽しめます

コースの内容



 

1日に缶コーヒー1本:130円の自己投資

今すぐ始めましょう!




もし気に入らないときは迷わす14日以内に解約してください。代金はかかりません。

それ以降もいつでも解約できます。

講師:AWOIからのメッセージ

AWOIのプロフィールはこちらから

PHILOSニュース英語では毎月20タイトルのニュースを題材に大阪梅田校を運営しています。2019年9月、この20タイトルから「これがイイ!」という3タイトルを選んでレッスン動画に仕上げるというチャレンジをはじめました。

あをい講師写真

最初の動機は「年間200タイトルのレッスンを20年も続けているのに記録が残っていない。もったいないので面白かったレッスンだけでも動画に残そう」という感じでした。テレビのとある長寿番組の名場面集を見ていて閃いた?くらいの軽い動機です。

が、実際に使っていただくと「このオンラインレッスン、とてもいいです。みっちりとリスニングができます」との好評価が。なるほど、それはそうかも。オンデマンドの動画ですから、いつでも、どこででも、何回でも受講することができるので自律学習には最適…

ご承知の通り、英語の地力はくり返しで培われます。「これはとんでもなく重要なツールなのではないか」と気づかされコツコツと作り続けて2年。コース数がなんと70本以上の大ボリュームとなりました。


 

オンライン受講生、急増中!

茅ケ崎方式=リスニングを徹底して鍛える/教材はラジオタイプのニュース/使用するのは厳選した実用単語。この3つの魅力を武器に、最盛時には全国に200か所以上あった茅ケ崎方式の協力校でしたが、いかんせん地味な存在(笑)のせいか、大手英語学校の派手な宣伝に押されて現在では100ちょっとにまで減ってしまいました。茅ケ崎方式を学べる教室がどんどん稀少になってきています。

とはいえ、茅ケ崎方式の3つの魅力は健在で根強いファンが全国におられます。また、お父さんお母さんが茅ケ崎育ちという第2世代からの需要もあってオンラインレッスンの受講生が増えてきました。

中には「近くに教室を開いてください」と熱心に誘ってくださる方もおられて有難い限りですが、その要望にはお応えしかねます。教室がよろしければ梅田までお越しください(笑)。

そうそう、遠方の方はZOOMでの受講ができます。大阪梅田校のメニューになりますので詳しくはこちらから。

今すぐ始めましょう!



よくある質問


いつコースをスタートできますか?またやめることはできますか?
このコースはお申込み後、すぐに利用できます。お申込みから14日は無料体験期間ですので課金されません。15日目に課金となり、それ以降は月額課金です。ご購入後はいつでも何度でも繰り返し利用でき、いつでもやめることができます。
受講に際してどのような準備が必要ですか?
受講にはスマートフォン、タブレット端末、パソコン、インターネットテレビなどの端末が必要です。画面に文字を表示したりしますので、大きめの画面の端末のご利用を推奨します。 またダウンロード教材にはテキスト教材もありますので、プリンターがあるとより良いでしょう。音声データはダウンロードしてお手元の端末に入れてご利用ください。
コースが気に入らなかった場合、返金はできますか?
無料体験期間を過ぎての返金はできません。初めての方にはいつでも止められる月払いをお勧めします。すでに1年以上継続されてきたお馴染みさんには年払いがお得です。
 

こんな方に”茅ヶ崎 plus”をおすすめします



~通学中の学習者の方~

「仕事の都合などで欠席する日があり、レッスンが抜けてリズムが狂ってしまう」

「復習する際にレッスンを思い出す材料になる資料が欲しい」

「十分に理解できなかったので、もう1回、同じレッスンを受講したい」

「ワンランク上のクラスを受けて実力を試したい」



~通学できなくなった方~

「転勤で引っ越してしまい、教室に通えなくなった」

「出産と子育てで教室に通えなくなった」



~はじめてPHILOSで学ばれる方~

「付け焼刃的ではなく、地道に着実に英語力を高めたいが通学は無理」

「ニュースで英語を学ぶ学習法に興味がある」

「英検準1級の壁を突破したい」



こんな思いをお持ちの方はぜひお試しください。

今すぐ始めましょう!



最後までお読みいただき有難うございました。お申し込みをお待ちしています。